体臭の原因を探る|努力次第で悩みが解決できます

女の人

自分の臭いに気づかない

困る女性

知らないうちに避けられる

自分の体臭にはなかなか気づかないもので、知らないうちにスメルハラスメントになっています。自分の発する臭いで他人に不快な思いをさせていると、恋人や会社の同僚、大事な取引先からも避けられるようになります。体臭の原因になるのは汗や皮脂、雑菌といったものです。私たちの体の表面には皮膚に潤いを与える皮脂線と体温の上昇を抑える汗を出す汗腺があり、皮脂膜に雑菌が存在しています。雑菌は皮脂や汗を酸化・分解させることで嫌な臭いを発生させます。汗や皮脂の成分量には個人差があるため体臭にも違いが出てくるのです。わきの下から出てくるわきがや足の裏は、体の位置関係などから独特の臭いが発生し、特に問題になります。また、男性が女性に比べて体臭が強くなる原因は皮脂の分泌が多いからです。

対策をとりましょう

体臭を抑えるため、こまめに入浴して皮脂や垢を取り除きましょう。ひじやわきの下、足の指の間といったところは重点的に洗うようにします。石鹸の洗い残しの無いようにきれいに洗い流し、髪の毛は生乾きにすると雑菌が発生して臭くなるのでちゃんと乾燥させてから寝るようにしましょう。病気が原因で独特の体臭が発生することがあります。脂漏性皮膚炎によって脂っぽい皮脂臭がしたり、糖尿病になると甘酸っぱい臭いがしてきます。これらの臭いは病気が治癒することでなくなるので、今までと違う臭いがしてきたら医師の診察を受けましょう。食の欧米化が原因で、元々体臭が少なかった日本人にも欧米人に近い臭いが出るようになりました。動物性タンパク質をとり過ぎて過酸化脂質が多くなり体臭が強くなります。和食中心の食生活をとることで食生活の改善を図れば体臭も少なくなります。